あきです。
テレビを壁掛けテレビに買い換えました。

家を建てるときに壁掛けテレビができるように、監督に言って壁補強と空配管(Φ30以上)をお願いしておきました。

壁補強はテレビをつける位置に木ねじを打ち込むためにしてもらいました。石膏ボードだけですとテレビの重さで壁から木ねじが引き抜けてしまう恐れがあるためです。しかし柱に木ねじを打ち込むことができれば壁補強する必要はありませんが、私は壁に柱が隠れてしまうため、木ねじを打つ自信がなかったので補強していただきました。

空配管はHDMIとLANケーブルが通るサイズという事で大きめサイズ(Φ30以上)です。

壁補強をした所と階段下収納は直線では4.5m程しか離れていませんが、10mのHDMIでは足りず2m程継ぎ足しました。(下の画像の階段下物入とOP壁下地補強を言っています)
IMG_20190602_192906

今回買ったテレビはコストパフォーマンスで選んだオプトスタイルというメーカーの75インチの4kの液晶テレビです。
メーカー的に私は聞いたことのないテレビだったので心配でしたが、配送料込みで22万くらいだったので値段に負けて購入しました。
テレビの他にも
 壁掛け金具
 ボーズのサウンドバー(サウンドタッチ300)
 LANケーブル20m
 HDMIのセレクター
 RCAケーブルからHDMIに変換するアダプター(任天堂WiiをHDMIでつなげるため)
 HDMIケーブル
 ファイヤースティックTV
等買いました。
テレビだけあれば見れるのですが、同じタイミングで配線なども済ませておけばあとで面倒がないと思いテレビの他にもいろいろと買うことにしました。

IMG_20190408_213804
テレビを付ける位置にマスキングテープを貼り付けました。
右下にあるのは32インチのテレビです。
IMG_20190410_151953
壁掛け金具を取り付けました。
IMG_20190602_183325
キッチンで料理をしながらテレビを見ることが出来ます。
IMG_20190602_183352
IMG_20190602_183607
IMG_20190602_184227
テレビを横から見たところですがwiiをテレビと壁の間に付けています。
壁掛け金具の厚みが33㎜という厚みなので壁に貼り付いているように見えます。
埋め込み等にすれば更に一体感が出ると思いますがそこまで考えることができませんでした。
IMG_20190602_202623
私の指の先にwiiのセンサーがあります。
テレビとサウンドバーとwiiのセンサーがあまり違和感なく取り付けることができとても満足しています。
壁掛けテレビにすることにより、ロボット掃除機が掃除する範囲が広がったのでそれもよかったと思います。
県民共済住宅で壁掛けテレビをする方の参考になればと思います。
間取りの段階で考える事ができ良かったと考えています。