タグ:設計士

後日打ち合わせをもとに設計士さんが書いてくれた間取りをアパートに送ってくれました。

1502708580705897952673


 
 ・平屋
 ・LDK から全ての部屋に行ける
 ・玄関の寒さ対策として玄関ホールをなるべく小さくする
 ・トイレ風呂の寒さ対策として廊下等を挟まずLDK から行ける
 ・ルンバが掃除しやすいように全てのドアを引戸
 ・アイランド型キッチン
 ・小屋裏収納を固定階段で大きく作る
 ・北玄関(南面側の居室の日当たり確保のため)
 ・廊下を少なく
 ・凹凸の少ない家の形
 ・深い軒


私たちの間取りの要望をほぼ取り入れていただきました。
とても良いと思ったのですが設計士さんからこの家は西道路なので玄関出て東側のスペースを有効に使った方が良いのではとの提案を受けそちらの間取りも書いて頂くことになりました。

県民共済住宅のブログでよく出てくるマイホームデザイナーで私たちも図面を書いて持って行きました。
自分たちが書いた間取りで影響受けたのが、以前一条工務店で見せていただいたismartの平屋とベツダイホームの四季HIRAYA という企画住宅です。
どちらの間取りも廊下が少なく各部屋に行きやすく効率的な間取りと感じました。
設計士さんに出した間取りでの要望としては
 ・平屋
 ・LDK から全ての部屋に行ける
 ・玄関の寒さ対策として玄関ホールをなるべく小さくする
 ・トイレ風呂の寒さ対策として廊下等を挟まずLDK から行ける
 ・ルンバが掃除しやすいように全てのドアを引戸
 ・アイランド型キッチン
 ・小屋裏収納を固定階段で大きく作る
 ・北玄関(南面側の居室の日当たり確保のため)
 ・廊下を少なく
 ・凹凸の少ない家の形
 ・深い軒

でした。
その要望をもとに設計士さんが間取りを書いてくれるということになりました。
どこまで要望を聞いていただけるか期待と不安でいっぱいでした。
設計士さんはすごい話し安く親切で無知な私たちの質問を沢山答えていただき内部設計士で当たりだと思いました。

 

県民共済住宅で2016/8月に予約したとき内部設計士と外部設計士どちらがいいか聞かれどちらが良いのか解らなかったので、県民共済の方に薦められるがまま内部設計士をリクエストしました。
その時完成予定が2018年になると言われました。
設計士さんが決まるのも1ヵ月以上かかりました。
それまで他の住宅会社のモデルハウスや建て売り中古住宅等沢山見てきて早く建てたいとおもっていたので長いと感じました。
初めて設計士に会う約束できたのが2016/12月心待ちにしていたものの直前になって急遽私たちの都合が悪くなり実際に初めての打ち合わせができたのが2017/1月でした。

↑このページのトップヘ