カテゴリ: マイホーム

前回の続きです。
高額になる恐れのある深い軒とタイルデッキを減らして我が家の経済状況に考慮していただいたプランを考えて頂きました。
1503835616646-2053974080

床面積32.12坪

過去2つの間取りでは軒深さが1365ミリでタイルデッキの部分に壁(柱)を作り屋根を支える方式だったのですがこの間取りだと柱(柱一本につき27000円)を無くす事ができさらにタイルデッキを小さくする事ができたのでかなり安くなると言われました。
しかしこの間取りでは軒の出は910ミリとなります。 
前回の間取りよりも床面積も少し小さくなり安くなりました。

安くなるのは魅力的だったのですが、家の南面が深い軒と幅いっぱいのタイルデッキに憧れる気持ちが変わらずまた書き直して頂く事になりました。


県民共済住宅に決める前から妻と深い軒がよいと話していたので、県民共済住宅では軒を長くしていただけるのか、長く出来るのであればどのくらいがよいのか、設計士さんに話を聞きました。
自分たちでも建築現場を見せていただいて日の入り方などを見させて頂きました。

県民共済住宅では標準で720ミリそれ以上は壁(柱)で補強しないと軒を出すことはできません。
間取り3では910ミリですが壁(柱)はなくても良いと言われました。
壁(柱)がなくても強度を保てるらしいです。

前回910ミリの軒その前までの1365ミリの軒に720ミリを足した長さになりますので910→1630 1365→2085となります。

日当たりに関しては910でも1365でも冬の日射しは入って来ていました。1820の軒も日射しは入っていました。

外観や日の入り方を実際に見学して色々悩んだ末に1365にすることにしました。

軒を出すのは1坪につき54000円のオプションとなります。
壁(柱)標準は2本でそれ以上は一本あたり27000円となります。
IMG_20170816_134732

1365ミリの軒の出はこんな感じです。これに外壁が付きます。

家の南面に幅いっぱいの深い軒とタイルデッキを入れた図面を書いて頂きました。
間取り2の居室どうしがウオークインクローゼットで繋がっているのも直して頂きました。
LDK に直接トイレ(音の問題)が付かないようにしていただきました。
設計士さんのオススメは玄関からシューズクロークを通って入る家族用の入口とお客さん用入口を分ける間取りでしたが話し合いの結果我が家はお客さんが少ないのでシューズクロークから入る入口をなくしてもらいました。
1504443185521858666294
 
32.74坪

前回の間取りにたいして変更した事

・オプションのウッドワンのペニンシュラキッチンを入れ幅広くなったキッチンに干渉しない幅の掃き出し窓に変更

・洗面所と脱衣場を引き戸で仕切って分け、キッチンと脱衣場に稼働棚を追加

・洋室Bとキッチンの間の廊下の収納の奥行きを90センチ→45センチに変更して扉無しの稼働棚に変更

・洋室Bの掃き出し窓の所にあるクローゼットの折戸を開けるとカーテンレールに干渉して折戸が開かないと言われ45センチ分逃がした

・玄関にあった階段下収納を一つリビング側に変更

・洋室cを畳に変更

・屋根を支える柱を設計士さんのオススメで太く

・洋室Aの北の窓を地窓

・リビングの掃き出し窓を4枚窓→2枚窓に変更

・玄関を凹みを平らに変更し親子ドア

・ユニットバス引戸に変更

・居室CDを引き違い窓に変更

・勾配天井に120×360の梁


階段1~2段目の壁を無しに
1505049809394-1703988399

小屋裏収納
15044465005701113924589

32.99坪

石油給湯器→OK

石油給湯器でNORITZお掃除浴槽→OK

太陽熱温水器とNORITZお掃除浴槽と石油給湯器組み合わせ→太陽熱温水器のお湯がどうのこうので難しい

ソーラーパネル10kw以上→OK

FF ストーブ→OK

縦張りサイディング→一部ならOK OP?

気密テープをダイライト繋ぎ目に貼る→やらない

気密テープを床の断熱材を落とし込み気密テープを貼る→出来ない

窓回り気密テープ→施工されていた

部屋毎に床の貼り分け→OPの床材ならOK

玄関の庇→標準、面積によりOP

タイルデッキ→OP1m×1m約2万標準を越えた分

平屋の屋根勾配→3.5寸OP (瓦では無くなるため) 4寸標準 4.5標準

吹き抜けの梁を出す→クリア塗装がOPで必要だが梁を出すのは無料

吹き抜けに出す梁の太さ→無垢300×120 集成材360×120 を選べた

ウッドワンピノアースに合わせた階段→4万

ウッドワンカップボード2730幅カウンターのメラミンを人工大理石に変更→6万

ウッドワン框→2万

ウッドワンペニンシュラで食洗機ミーレの時の引き出し→約2万

半帖畳→OP 1枚4000円

小屋裏収納の柱を無くす→OK(構造や小屋裏の面積によっては出てしまう)

軒を支える柱を太くする→OK

トイレ壁配管→NG

電動シャッターのスイッチを窓から離れた部屋の入口などに付ける→OK1ヶ所約1万

さらりあーと洗面所以外→OP

LIXILの洗面台の引き出しにソフトクローズを付ける→NG

小屋裏収納の扉→引戸ならできる



ブログでは設計士さんに聞いた事を書いていますが、我々の契約のタイミングや設計士さん監督さんのご厚意によるものかもしれません。ので県民共済住宅に同じ事を聞いて出来ると言われたり出来ないと言われてしまうこともあると思いますので確認してください。
また思い出したら書いていこうと思います。

↑このページのトップヘ