我が家ではトイレは標準のTOTO のウォシュレットZJ 型(プレミスト機能付トルネード洗浄)手洗い機能付きを選びました。
もともと私はTOTO のトイレを選びたかったのですが、設計士さんのオススメはLIXILでした。LIXILの良さは便座の繋ぎ目がTOTO よりも少なく汚れが入り込みにくく掃除がしやすい、ウォシュレットのノズルを取り外し出来掃除しやすい、停電時にも水を流すレバーがついているのが良いと言われました。
それを聞き非常に魅力的に思いましたが、我が家ではトイレ専用の手洗い機(コフレル)を選択しなかったので、便器についている手洗い機を重視しました。TOTO の手洗い機はLIXILに比べ深く手洗いしやすいと思いました。
専用の手洗い機がないので石鹸は置けませんが、対策としてはアルコール除菌ポンプを使おうと思っています。
それとTOTO というトイレの老舗のイメージでも私としてはひいきしていました。


タンクレスにしなかった理由
・値段(46000円)
・手洗い機が付かないので別で手洗い機を付ける必要がある(61000円)
・手洗い機用のスペースを取らないと手洗い機のサイズ分狭くなる
・停電時流しにくい 

トイレは全て標準(我が家は貧乏なので)で済ませました。
IMG_20161204_144039

TOTO のショールームにて