2017年09月

着工6/15日頃
基礎7/20日頃
IMG_20170626_183253-3


IMG_20170706_180812


IMG_20170721_184027

3枚目写真基礎の低い部分がタイルデッキになる予定でもう少し高くなる予定なのですが、監督の勘違いにより低くくなってしまいました。監督に報告し図面の高さにしてもらうことになりました。
工事が始まって見に行くようになりましたら気になる事があれば聞いた方が良いと思いました。

足場7/24
上棟7/25
IMG_20170724_181601


IMG_20170726_180205

上棟の日は雨になりました。その後は大雨が何日か続き床が染みだらけになってしまいました。
大工さんには大丈夫と言っていただきましたがすごく残念でした。

あきです。我が家の給湯器は石油給湯器をつけてもらう事にしました。
県民共済住宅で選べる給湯器は
・電気(30万) 
・ガス(標準)
・灯油(7.6万)
・ガス+電気(わかりません)
です。

電気
 メリット
  ヒートポンプで電気代の安い深夜に沸かし保温するので電気代が安いといわれている
 デメリット
  導入費用が高い(30万)
  エコキュートが大きい

ガス

 メリット
  県民共済住宅では標準なので追加費用がかからない
 デメリット
  プロパンガスでは契約する会社で金額がまちまちといわれている(我が家アパート基本使用料1900 1リッポウメートル )

灯油
 メリット
  基本使用料がかからない
  ランニングコストが安い
 デメリット
  導入費用が高い7.6 万
  灯油を買いに行くのが大変
  タンクが給湯器とは別に必要

ガス+電気エコワン
 メリット
  調べて無いのでわかりません
 デメリット
  導入費用が高い?

灯油給湯器のデメリットについて

・灯油給湯器を選んだ時のデメリットはタンクが必要ですが、我が家ではFF ストーブを導入してタンクを共有して、1つのタンクで給湯器とストーブを稼働できるならデメリットは少ないと考えました

・灯油を買いに行くのが大変ですが、ランニングコストが安くなるなら問題無しと考えました。会社の帰りにガソリンのついでであれば時間もあまり変わりません

・導入費用7.6 万ですが電気(エコキュート30 万)に比べて安いですし、アパートのガスの基本使用料1900 円に比べて、灯油基本使用料無料の違いで40カ月で基本使用料だけで元が取れる計算なので、導入費用も問題無しと考えました

それでは灯油との価格を比べてみたいと思います。間違えているかもしれません気がついたら直します。

現在灯油
1㍑75円
1㍑当たりのカロリー8718kcal

電気
アパートでの基本使用料1235円
1kwh 23.4 円
1kwh 3600000j →860.4kcal
灯油1㍑にカロリーを合わせたときの価格
(8718kcal ➗860.4kcal )✖23.4 円=237.1円


ガス(プロパンガス)
アパートでの基本使用料1900 円
1リッポウメートル490 円
1リッポウメートル24000 kcal
灯油1㍑にカロリーを合わせたときの価格
(8718kcal ➗24000 kcal )✖490 円=178 円
灯油1㍑ のカロリーをガスで使おうとすると178 円


灯油1㍑当たりのカロリーの価格
灯油75円
電気237.1 円
ガス178 円

次にそれぞれの給湯器の熱効率も考えてみます
灯油給湯器95 %
8718kcal ✖0.95=8282.1 kcal
(8718kcal ➗8282.1 kcal )✖75円=78.95円

電気
エコキュートのの事情報わからないのですが保温とcop で4で計算します
237.1 ➗4=59.3円
灯油1㍑のカロリーを電気エコキュートで使おうとすると59.3 円になりました

ガス給湯器(給湯95 %風呂92%)間を取って93%で考えてみます
8718kcal ✖0.93=8107.74kcal
(8718kcal ➗8107 .74 kcal )✖178円=191.4円

それぞれの熱効率も考慮した灯油1㍑の時の価格
灯油78 .95円
電気59.3 円(深夜の安い電気料金の時の価格)
ガス191 .4 円

電気が一番安いのですが電気は沢山使うとkwh の価格が高くなるのと燃料調整額が高くなるのでどっちとも言えませんが灯油を実家で使って居たこともあり灯油にしてみました。
そしてFF ストーブを
導入する予定でしたが間取りの関係でFF ストーブも導入しませんでした。
1506210519069-1878102716



我が家ではウッドワンのペニンシュラキッチン(半島型キッチン)を選びました。なぜかというと他のメーカーで見積もってもらったキッチンは高額だったためです。
県民共済のオプションで70000円で入れる事が出来るのです。
他のキッチンで付けたオプションは
・食器洗い乾燥機(ミーレ)317000円
・包丁差他部材6000円
・シンク下引き出し18000円
・ウッドワンキッチン用カップボード584✖2700 175000円
・ウッドワンキッチン用カップボードカウンター人工大理石60000円

オープンキッチンのため洗い物をシンクのなかに貯めておくのが、お客様が来たときに恥ずかしいのと手洗いだとすぐに洗い待ちの食器で溢れてしまい。片付けられないと思ったので奮発してしまいました。

カップボードのカウンターはもともとメラミンという材質でしたが、キッチンの天板に合わせて人工大理石を選ぶ事にしました。


ミーレが高額なためかなりの金額になってしまいましたが、他のメーカーのキッチンが高額だったためこの時は金銭感覚が麻痺していたのかもしれません。ですがミーレを使用するのが楽しみなので後悔はしていません。
IMG_20170911_191336

差額無しでシンク下やカップボードの収納をなくしてゴミ箱スペースを作る事もできるそうです!

我が家ではトイレは標準のTOTO のウォシュレットZJ 型(プレミスト機能付トルネード洗浄)手洗い機能付きを選びました。
もともと私はTOTO のトイレを選びたかったのですが、設計士さんのオススメはLIXILでした。LIXILの良さは便座の繋ぎ目がTOTO よりも少なく汚れが入り込みにくく掃除がしやすい、ウォシュレットのノズルを取り外し出来掃除しやすい、停電時にも水を流すレバーがついているのが良いと言われました。
それを聞き非常に魅力的に思いましたが、我が家ではトイレ専用の手洗い機(コフレル)を選択しなかったので、便器についている手洗い機を重視しました。TOTO の手洗い機はLIXILに比べ深く手洗いしやすいと思いました。
専用の手洗い機がないので石鹸は置けませんが、対策としてはアルコール除菌ポンプを使おうと思っています。
それとTOTO というトイレの老舗のイメージでも私としてはひいきしていました。


タンクレスにしなかった理由
・値段(46000円)
・手洗い機が付かないので別で手洗い機を付ける必要がある(61000円)
・手洗い機用のスペースを取らないと手洗い機のサイズ分狭くなる
・停電時流しにくい 

トイレは全て標準(我が家は貧乏なので)で済ませました。
IMG_20161204_144039

TOTO のショールームにて

我が家ではウッドワンのオプションの無垢床(ピノアース)を選びました。

ウッドワンの無垢床を選ぶ前は朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムのハードメープルかブラックウォルナットにしたいと思っていました。新宿の朝日ウッドテックを見学して高級感と肌触りがよくさらに定価の価格と県民共済住宅の割引率の良さに引かれほぼ気持ちは固まっていました。
しかし、キッチンを見るために行ったさいたま市のウッドワンのショールームにいったさい、県民共済住宅のブログでは有名なウッドワンおじさんの話しに洗脳されてウッドワンの無垢床を選ぶ事になりました。

自分たちなりの気に入ったポイント
・あまり冷たくない
・ぼこぼこした表面の加工による肌触りの良さ
・珍しい床の模様で味があるため飽きがこなさそう
・流行り廃りがなさそう
・ウッドワンのキッチンと合わせ易そう
・傷が付いても味になると言われた
・朝日ウッドテックに比べオプション金額が安い

ウッドワンの無垢床を玄関ホールにも使うことにより框と階段もオプションでウッドワンにしました。框(2万)と階段(4万)は無垢床に比べ割高でしたが統一感をもたせるため貧乏な我が家は泣く泣く採用しました。
ウッドワンの階段はストレートタイプでも曲がりでもコの字でも金額は同じらしいです。幅広にかんしては未確認です。
無垢床は1坪3300円です。
IMG_20170910_125113

↑このページのトップヘ