あきです、小屋裏収納について書こうと思います。
我が家では小屋裏収納の空間内に柱を出さずに作る事ができました。われわれが県民共済住宅の建築現場で見た小屋裏収納は、柱がある家と、無い家とがあり、柱があると邪魔になってしまい使いにくい小屋裏収納になってしまうと思ったので、設計士さんに伺ったら柱を無しに出来ると言っていただきました。特に差額は発生しませんでした。が、構造上柱を無くしやすい家の作りだったのかもしれません。柱を無くした結果なのかはわかりませんが、建築中にわかったのですが、天井の中にある梁が小屋裏収納の上と小屋裏収納以外の上では、太さが違いました。直下率も関係しているかもしれません。

我が家では小屋裏収納に引戸を付けて2部屋にしていただきました。引戸は3尺分の収納扉のオプション料金として含まれていました。引戸は小屋裏収納の高さいっぱいに作っていただけたので使いやすいと思います。

1510493021787876954797

小屋裏収納と階段と勾配天井の部分の図面です。小屋裏収納と勾配天井の間に1つ、階段と勾配天井の間に3つykkの採光窓が付いています。
1510493169245-1562022314

リビング側から見上げると、左側の開いている窓が小屋裏収納に繋がっています。他の3つは階段に繋がっています。

1510493200767-694384909

小屋裏収納の階段は固定階段にしました。
15104932345482133693061


1510493290047-615665414
1510493375847-2118201977

小屋裏収納の窓からリビングを見下ろせるようにしてもらいました。

あきです。家を考える時にお掃除ロボットが動きやすい間取りも重視して考えました。引戸にしたのと、小上がりなどのオプションを採用しないや、トイレを広くしてロボットの通り道を作りました。
我が家で購入したのがネイトロボティクスと言うロボット掃除機で、レーザーで間取りを把握し、ランダムに動くのではなく、部屋の縁を一周掃除してその後一直線に行って戻りを少しずつずらしながら掃除していきます。
人間が掃除をした後の家を、起動させてもかなりほこりを吸い込んでいました。
IMG_20171103_230417

一回目の掃除はうしろを付いて回っていたのですが、全ての部屋をしっかり周り掃除していないところが無い位に掃除していました。
1509883424023267821883

あきです。我が家ではインターホンを県民共済の標準を採用しています。
あき家ではモニターをリビングにしてリビングから見えるようにしました。
郵便ポストをインターホンのカメラから見える位置に付けて、リビングから郵便ポストに、郵便物が届いているのかを確認できるようにしました。

郵便物が入っている事を室内から確認して取りに行けるので便利になりました。

アパートに住んで居たときは直接室内に郵便物を入れてもらえて便利だったので、一戸建てで不便になってしまうのではないかと思い考えました。

郵便物が入っていないポスト
IMG_20171105_200036


郵便物が入っているポスト
IMG_20171105_200208


夜で暗いですがカメラに照明が付いているので中身を確認する事ができます。
我が家ではインターホンのカメラと郵便ポストに対して、左側の道路から郵便屋さんがくるので問題なくつけられますが、玄関ドアと道路の方向によっては郵便ポストが隠れてしまって、郵便屋さんがポストに気が付けない恐れがあります。
1509881473074-78617645

↑このページのトップヘ