あきです。
だいぶブログを更新するのをサボっておりましたが久しぶりに書きたいと思います。

家が完成したものの(2017年10月)なかなかソーラーパネルの売電が始まらず2018年4月にようやく開始しました。
 
メーカー
京セラ

金額
525万円(税込み567万円)

出力
21.78kw

単価
21円(税込み22.68円)

売電期間
20年

屋根勾配
4寸

方角
南東

今までの実績
2018年
4月(4/4~4/14)
899kwh 
20389円

5月(4/15~5/14)
2495kwh 
56586円

6月(5/15~6/14)
2848kwh 
64592円

7月(6/15~7/14)
2338kwh 
53025円

8月(7/15~8/14)
2788kwh 
63231円

9月(8/15~9/14)
2319kwh 
52594円

10月(9/15~10/14)
1559kwh 
35358円

11月(10/15~11/14)
1910kwh 
43318円

12月(11/15~12/14)
1603kwh
36356円

2019年
1月(12/15~1/14)
1995kwh 
45246円

2月(1/15~2/14)
2178kwh 
49397円


520092円

ソーラーパネルの元を取るまで残り5149908円となります。
毎月売電にかかる電気代を1000円ほど別に支払っています。

あきです。家屋調査が1月26日に終わりました。

事前に市役所から家屋調査のお知らせが届きました。
市役所に電話で家屋調査の希望日を知らせて予約をします。

当日は予約した時間に市の担当者が二人来ました。家の中に入っていただき、1人が家屋調査の説明をして、もう1人は建物の平面図を書き移していました。

説明が終わると家の中をチェックし、その後家の外回りをチェックします。

キッチンと洗面台のサイズを計っていました。キッチンは横幅で評価額が決まるそうです。奥行と高さは評価額には影響無いと話していました。
カップボードについては特に見ていませんでした。
食洗機は評価額は変わらないと話していました。
洗面台も横幅が影響するそうです。75cmだと60000円くらいの評価額で、90cmですと5%くらい評価額が高くなるそうです。

24時間換気の吸い込み口の位置を確認していました。

無垢床と合板では1㎡1000円くらい評価額が高くなると話していました。

通常の壁紙と比べてエコカラットやさらりアートは評価額が高くなるそうです。

トイレに別の洗面台があると評価額が高くなるそうです。

小屋裏収納は高さを計っていました。

外回りでは、我が家では片流れ屋根にしているのですが寄せ棟屋根に比べて80%の評価額だそうです。

屋根の材質を調べていました。ソーラーパネルは屋根一体型のタイプだと評価額が高いそうです。

基礎は県民共済住宅では標準で御影石が付きますが処理無しの基礎に比べて20%評価額が高くなると話していました。

今回の家屋調査では軒の出やタイルデッキについては、何も指摘は
ありませんでしたが、軒は1メートル以上出ると出た分の面積は評価額に入るそうです。おそらく図面でチェックしていると思われます。

151697498150354618953


1516975046616-2139495844

概算の金額も教えていただきました。
我が家は950万円位だそうです。一回目の固定資産税はおそらく6万位ではないかと教えていただきました。

あきです。
保存登記が進んだので書こうと思います。

保存登記の予約をした日に、法務局に行きます。
その場で
・保存登記申請書
・印紙を貼る紙
・家の完成年月日がわかる、建物の登記簿謄本(600円)
をもらいます。

保存登記申請書の書き方を法務局で教えてもらいます。

印紙を貼る紙は次に法務局に書類を持っていく時に、印紙を購入し貼ります。

次の法務局を予約します。

次の予約までに市役所に行きます。

住民票が無い人は、住民票をもらいます。(表題登記の時に住民票をコピーして提出する事をオススメします)

住宅家屋証明書(専用住宅証明書)(1200円)をもらい、名前、所在地、持ち分、完成年月日(この時登記簿謄本の日にちを見る)、を書きます。


予約日に法務局へ 
・記入した保存登記申請書
・印紙を貼る紙
・住宅用家屋証明書(専用住宅証明書)
・印鑑
・表題登記で使った資料一式
・印紙のお金(法務局で建物の面積で計算を教えてもらいます我が家14200円)
・住民票

を持って行き確認してもらい提出します。完成する日にちを教えてもらい、控えをもらいます。当日建物の持ち分のある人全員で法務局に行きます。

保存登記で掛かったお金16000円でした。

長期優良住宅ですと保存登記の総額はおそらく我が家の場合は12000円くらいだったかと思います。



保存登記が完成する日にち以降に、法務局で登記完了証と登記識別情報通知もらいます。
法務局で行った事は
・登記の時に使った判子を各自持って行き押印
・身分証明書(新しい住所が必要なので注意)の提示
・前回の時に法務局でもらった控えを提出
以上で表題登記、保存登記は完了になります。

我が家は平日に時間が取れたので、登記を自分たちでやれたので、費用が浮きました。難しそうですが、やってみると難しい事は教えてもらえるのでスムーズにできたと思います。


↑このページのトップヘ